専門学校のスタイルを比較できる一覧をチェックしよう

手を上げている生徒

出現している

学校

現在、日本では全入時代などといわれ、相当数の割合の人が大学に通うようになりました。それにつれて、大学もたくさん増えてくるようになりました。また、大学が増えるにつれて予備校もたくさん出現するようになりました。現在では、ネットをつかったり、衛生放送をつかった講義をしたりする予備校があったり、様々な種類の予備校が増えてきました。 そうなると、皆さん悩むんですよ。大学もそうですが、予備校に迷います。評判も様々です。予備校は値段も高く、公立の高校以上の授業料がかかることもあります。現在では三科目を一年で受けるために100万はかかると言われてます。映像の授業をしているところだと比較的高くなるが、その分優秀な先生がいると評判です。

予備校は戦後の高度経済成長の時に受験戦争がおこり、その時に出現してきました。当時の予備校の評判は良く、入塾のてつづきだけで何時間も並んだといわれました。実際に、そのような映像が残されています。 個人塾もありましたが、大手の予備校に比べて評判はまちまちでありました。その後、大学入試センター試験というものができ、国公立大の受験生はまずそれを受けるために必死であったといいます。 そして、技術の発展とともに映像授業がでてくるようになりました。地方の生徒や数が多くて教室に入れない生徒が多く、それを一気に解消したそのシステムは大変画期的でありました。 そして、現在では映像が主流になりつつあります。大手の塾では専用のテレビを置いてそこで授業を受ける生徒が少なくないのです。