専門学校のスタイルを比較できる一覧をチェックしよう

手を上げている生徒

現代の家庭教師

教科書

これらの指導法の特徴は、塾は集団での教育を実施し競争意識を刺激しますが、各個人への細やかな指導は出来ません。一方、個別指導は塾の部屋で講師が生徒1人もしくは2人を指導するため、生徒への細やかな対応が出来ます。さらに家庭教師では、家庭で講師と生徒が1対1で行うため、非常に細やかな指導ができます。このように各指導法で特徴がありますが、その価格の傾向は、生徒1人が講師へ支払う金額を考えると、家庭教師、個別指導、塾の順に高くなる傾向があります。しかし塾でも、特別授業や合宿などで別途費用が必要な場合もあり、一概に一番低価格ともいえないところもあります。

家庭教師と言うと、昔は裕福な家庭の子供を教える、というイメージがありましたが、現代では教育費が家計に占める割合がかなりの部分を占めることでわかるように、子供の教育に投資することへの優先度が高くなり、一般家庭においても、塾、通信教育等と並んで広く普及してきました。学校教育を補填するためのさまざまな方法がある中で、親たちは自分の子供に最適なものは何かを真剣に考えるようになりました。その中で、マンツーマンで教えるようなスタイルが各個人の学力を効率的に伸ばすには良いと考えられ、塾も以前の多人数授業から、少数教室の個別指導を重視したスタイルが増えてきました。個別指導が完全に1対1のスタイルになったのが家庭教師です。子供と相性の合う、良い家庭教師に巡り会うことがベストの選択、と考える親も多いようです。